軽度知的障害的生き方

20代軽度知的障害の男のブログです。

障害のこととか含めて市役所で相談してきた

おはようございます、現在は朝の6時です。

 

この記事を書いているのが22日なので一昨日になりますが

 

市役所で障害福祉課の方と臨床心理士と面談してきました

 

主に僕の今後のことについて

 

大学を中退してからは、どこにも行く場所が無いので家にずっと引きこもって

 

Amazonプライムで映画ばかり見ています

 

こんな生活絶対に良くないし就労に向けて障害のことを含めて考えていかなければならないと思っています。

 

というわけで、地域若者サポートステーションなる施設を教えてもらいました

 

以前体験に行ったウェルビーと違って民間ではなく行政がやっている施設なので

 

利益が目的では無いところと、名前にもある通り若者と付いているので

 

自分と同じ年代の方が多いというのが特徴

 

近々見学に行ってみようと思います。

 

障害福祉課の人的には、そこで訓練して自分にあった職を見つけるのが良いと

思うとのこと

 

障害者手帳も、今まで沢山してきた検査結果やらをみて必要ないように感じるので

 

まずは挑戦してみてはいかがでしょうかと。

 

自分的にはもう障害者手帳を取得して障害者枠での就職を目指す

軽度知的障害者的人生を歩んでいこうと決め込んでいたのですが

 

こんなこと言われたから、またわからなくなってしまったよね今後について

 

そりゃ言語理解が正常だし引きこもってるから鬱状態になるまでのストレスも受けてないから、ただのストレスに弱い不器用な人に見えるだろうけどって感じ

 

でも「もしかして、こんな俺でも障害者枠じゃなくて出来る仕事があるかも?」

なんて思ってしまう自分もいます。

 

あぁもうわかんね!!!

 

一体何が最善の選択なんでしょうね。

 

出来る仕事がきっとあるはずだから一緒に探していきましょう!

 

何て言うんですけどね・・・・

 

そして本日22日は病院に行ってきます発達障害で有名な都内の某病院

 

障害者手帳について医師からの意見が聞けたら良いなと思います

 

初回の診察では「手帳とかどうしますか?」って聞かれたから先生的には

 

僕は手帳を取得してもおかしくないレベルだと思われてるってことですよね

 

それにしてもこの先生ズバッと物事を言う人なんですよね

 

軽度知的障害でしょうね

 

とか

 

大学向いてないと思うから辞めた方が良いよ

 

とか

 

勿論はぐらかされるよりはっきりと言われた方が良いに決まってるんですけど

 

ドキドキはします、ドキドキしすぎて昨晩は眠れませんでした。

 

11時くらいから診察です

 

病院が終わったら、発達障害向けの大学

 

正確には大学では無いのですが、そういった民間でやってる教育機関の見学に行ってきます。

 

母親がネットで探してくれたみたいでテレビでもやっていたらしく評判が良いらしい

です

 

そこも今後通う施設の候補の1つで、今は夏休み期間中で人がいないけど

どんな雰囲気か見てきます

 

そこで手帳に関しての相談もできたらなと。

 

病院も含めて行って来たらまた記事にしてみます。