軽度知的障害的生き方

20代軽度知的障害の男のブログです。

発達障害で働けない私だから語れる真実

 

f:id:betakun:20180525164811j:plain

 

 

 

こんにちは、現在発達障害の検査入院中の私です

betakun.hatenablog.jp

 

この記事を書いている5/25日で5日が経過しました。

 

そんな中ツイッターでこんなツイートを見つけました

 

 

 

 僕はこのツイートを見て、「マジでこれだわ」

 

ってなりました。

 

以前僕は地元の市民プールで夏休みの間だけの期間限定バイトしたことがあったのですが発達障害持ちの僕にとっては非常に難しいバイトでした。

 

例えば、計算がニガテなのにチケットを買うのに並んだ大量の人達の

会計を効率よくスピーディーに行ったり

 

複雑な手続きが必要な忘れ物の管理だったり、非常に難しかった。

 

因みに友達と一緒に参加したのですが、友達にとっても難しかったようで

すぐにバックレました。

 

f:id:betakun:20180513051411p:plain

 

そのプールのバイト先には同い年のくせに、バイトした時期の違いで多少時給が違う

ってだけで威張ってる奴がいて(以後叱責君)

 

そいつにかなり叱責されました。

 

もうメンタルはボロボロ

 

仕事はできなくて、ふがいなさを感じているのに

それをめちゃくちゃ責められ・・・イラつかれる・・・自分だってバリバリ仕事が

できる人間になりたかった。。。

 

バイトで周囲の人間に迷惑なんてかけたくなかった。

 

そんななか、叱責君の叱責に僕は毎日怯えながらバイトをしていましたが

それも我慢しきれず、適当な理由を作って本来は7月から8月の期間でしたが

 

7月でそのバイトを辞めてしましました。

 

勿論

・やりがい

・成長

・貢献

 

なんて考えている余裕なんてないよね。

 

 

そんなことを経験したのでこのツイートは非常に興味深い物だと感じました。

 

特に最後の「人に怒られないことを占めている」という部分はドンピシャで

まさにバイト中の僕はこんな感じで

 

「ミスして叱責君に怒られたくない。。」

 

なんてことばかり考えていました。

 

ただでさえ叱責が嫌なのにそれを、同い年の人間にされるってのは相当な苦痛ですよ

だから、すぐに辞めてそのバイトからは逃げたわけだけど

 

僕の座右の銘は「逃げるは恥だが役に立つ」なので気にしてはいない(つもり)

f:id:betakun:20180429101539j:plain

 

 

今後ね、この経験や現在の発達障害検査入院での結果が将来的に役立って

いずれはちゃんとバイトなり定職に就くなりと自立できたらなと

 

まぁ東証一部の大企業だったり外資系のIT企業なんかは無理だろうけど・・・

 

と現在の僕は考えている。

 

今回は以上になりますね。