実家暮らしでミニマルライフ

ミニマリストによるミニマリストの為のブログを目指して

【ミニマリスト】ベッドを断捨離して1年経過した感想

 

 ※2018年12月31日リライト

f:id:betakun:20181228120916j:plain

ベッドを今年の年始に断捨離して1年が経過しので感想を記事にしてみようかと思います、以前は画像のような1万円を切るくらいの価格の「すのこベッド」を使用していました。

 

現在はフレームを断捨離して、すのこのみを残しその上にマットレスを置いて寝ています

 

以前カーペットを断捨離したときに同時に廃棄しました

betakun.hatenablog.jp

 

 

なぜベットのフレームだけ捨てたのか

 

f:id:betakun:20180518191019j:plain

少し部屋が汚れていますが、勘弁。

 

ミニマリストなら、フローリングにエアリーマットレスってのが定番ですが

私の場合、毎日畳むのが面倒でした。

 

そこで元々ベットにあったすのこを使用しフレームだけ捨てるという決断をしました。

 

またこの記事でも紹介した通り

 

betakun.hatenablog.jp

 

ミニマリスト御用達のエアリーマットレスをフローリング地下置きだと背中が痛くて

眠れないので、ベットのマットレスも使用しています。

 

これならエアリーマットレスとベットのマットレスの2つで快適に眠ることが

出来ます。

 

3つのメリット

フレームを処分したことにより3つのメリットが出来ましたのでご紹介します。

 

1つめは部屋が広くなったように感じること、フレームとマットレスと布団が合わさると結構な大きさになって僕の6畳の部屋に圧迫感をもたらしていたベットですが

 

フレームが無くなることにより高さがかなり低くなったので圧迫感がなくなり

部屋が広々としました。

 

2つめは掃除が楽になったこと、以前はベットの下にホコリが溜まったり

「収納収納」とか言って物を詰め込んでいましたが、そもそもベットの下の

 

スペースが無くなったので、掃除する必要がなくなりました。

 

またどうしても角に溜まってしまったホコリも、すのことマットレスをずらして

クイックルワイパーするだけで簡単に掃除できるようになったのも大きなメリットです。

 

この角の掃除は月に1回くらいの頻度で行っています。

 

f:id:betakun:20180518191226j:plain

 

 

3つめのメリットはカビが発生しないこと、仮にエアリーマットレスを万年床したとしたら、寝汗による湿気でカビだらけになっていしまいますが、僕の場合上から

 

掛け布団

エアリーマットレス

ベットのマットレス

すのこ

フローリング

 

 

の順番で置いていて、1年程使用しましたがカビは全く発生しなかったので通気性は確保されています。 

 

快適に寝るためにマットレスは自分にとって必須ですが、それを置くフレームは

掃除がしにくい、部屋のスペースを取るなどデメリットが大きいです。

 

通気性確保のみが理由ならフレームは処分してすのこを敷いて、寝ていれば問題ありません。

 

ベッドは必要ありません、

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ