軽度知的障害的生き方

20代軽度知的障害の男のブログです。

僕がどうしても無気力になってしまった日に行った2つの対処法

この記事の書いている

 

4/21の前日の20日ですがどうしてもどうしても

 

気力が沸かなくて久しぶりに無気力人間になってしましました。

 

この記事を書くにも大体24時間経過してやっとPCを開こうと思えた。

 

つまりは、病院でアパシーと診断されるまでの無気力人間でも24時間あれば

気力を戻してPCを開きブログ記事を書けるように回復するわけです。

 

今日はその24時間以内に行った行動を紹介します。

 

とにかく気分を明るくしようとした

とにかく気分を明るくしようとして、元気になるような動画を見まくりました。

笑って笑顔になれば元気が出てくるかな・・・なんて思って

 

具体的に見た動画はクレヨンしんちゃんとメイ・イン・ブラック3を見ました

僕はアマゾンプライム会員なのでプライムビデオが見放題なのですが

 

どちらも、アマゾンプライムビデオで見れました。

クレヨンしんちゃんもMIB3も心がホッコリするような話で何となく

 

気分的にはブルーモードから切り替わる準備ができたかなと

いうところまで持って行くことができました。

 

とにかく寝た

人間精神的に疲れたときも、体力的に疲れたときも

休憩すれば回復するものだと思っています。

 

それは疲れにもよると思うけど、例えば今回は24時間で済んだけど

中学の頃不登校になったときは1年掛かりました。

 

それでも、休憩して時間を掛ければ回復するのです。

 

じゃあその休憩って何するのっていうと

 

僕はとにかく寝ました、睡眠を沢山とりました。

 

やっぱり疲れてるときって寝ると回復したりします。

ちょっと昼寝しようとしたら夕方まで寝てしまったり、そして夕食を

 

食べたらまた寝てしまって深夜に起きてしまったり

そしたら回復していたりしました、だから今この記事を

 

書いているのは深夜の2時だったりします。

 

それでも完全回復していない

ぶっちゃけ完全回復していないけど、体力的には動けるようになりました。

やっぱり精神的に疲れたときって体力的にも動けなくなりますよね。

 

ベストな状態って体力的にも動けて精神的にも元気なときだと思うんですよね

だからこの記事を書いてるときは精神的には回復していないので、完全とは言えない

 

一応PCを開いてこの記事を書けるくらいには回復したけどね・・・

だからもっと休憩するべきなんだろうと思っています。

 

ごめんなさい1000字書く元気が無い・・・今回は以上になります、またね。