軽度知的障害的生き方

20代軽度知的障害の男のブログです。

広汎性発達障害の僕が車の運転免許に挑戦したら挫折した話

f:id:betakun:20180604200534p:plain

 

発達障害の僕は高校生の時に自動車免許が欲しくて、近所の教習所に入校しましたが

当時鬱状態で入校したのもあってか、技能教習一回目で挫折してしまいました。

 

「お前の意思が弱いんじゃねーの」って言う人もありますが、一利あるかなと数年

経過した今でも思って自己嫌悪してしまったり。

 

辞めた経緯

元々僕は「学校」と名のつくところは基本的に苦手な人間で、学校から逃げる人生を送ってきました、1度目は小学2年生の頃2度目は中学生の頃です。

 

小学生の頃、学校復帰したし中学も適応指導教室に通室して高校に入学し当時も普通に

登校していたので自動車学校にも通えるだろうと思っていたら大間違いでした。

 

いざ入校してみる

交通ルールを学ぶ学科は普通に難なく終えましたが、問題は技能教習。

僕は怒られるのが極端に苦手で怒られないように生きてきた人生で怒られるのに慣れてない上、不登校時代に受けた発達障害検査のWISCでは空間認知能力が低いと診断されていました。

 

空間認知についてはコチラ

h-navi.jp

上部のサイトに苦手なことの例があったので引用すると

【生活】
・探している本を本棚から見つけることができない
・ぬり絵をするとき、枠からはみ出たり、すきまだらけになってしまう
・人の顔をなかなか覚えられない

【学習】
・教科書の中から特定の単語を探し出すことができない
・文字(漢字やひらがな・アルファベットなど)をなかなか覚えられない
・図形の問題が苦手

【スポーツ】
・ダンスを見て覚えたり、まねしたりするのが苦手
・飛んでくるボールをうまくつかむことができない

 

この例全て自分に当てはまっています・・・・

その他に運転が苦手だってことが技能教習をしてみてはじめてわかりました。

 

初めての運転

始めはコースの外周を走ります、最初は教官の運転の横に座る。

 

次はアクセルとブレーキ操作だけしてみると徐々に慣れていざ自分で運転となったが

ハンドル操作が難しいと感じた、というのもハンドルをどのくらい回せば車がどのくらい曲がるかというのが理解できない。

 

元々車は好きな方だったので湾岸ミッドナイトなどゲームセンターでしていたが全く感覚が違う。

 

ハンドル操作で戸惑っていても、車を動かし停車させるのはアクセルとブレーキの操作が必要で同時にいくつもの作業をするのが苦手な自分は頭の中が大混乱した。

 

とうとう

さらに教官が最初は和やかな表情だったが段々と険しい表情になっていき、口調が荒くなっていくパニック状態で今にも泣きそうになりながら何とか教習をしたけど

 

途中で「なんでこんなこともできねぇんだ!」と言われハンドル握っている左手をペシーーン!と叩かれてしまった。

 

おもわず自分はその場で大号泣、自分の技術力の無さ、教官を怒らせてしまった申し訳なさで胸が一杯になった。

 

何とかその日は教習を終え、帰宅しようと思ったらまた悔しさや悲しさ今後これに耐えていかなきゃいけない絶望感でまた泣きそうになった。

(因みにハンコは貰えたので当時頑張って続けていら免許を取得できたのかもしれない。)

 

人前で泣くのは恥ずかしかったので急いで自転車に乗って、近くの公園でまた泣いた

その日は雨が降っていたので僕の顔は涙と雨粒でぐしゃぐしゃになった。

f:id:betakun:20180329153356p:plain

 

帰宅

帰宅して両親に今日の出来事と、今後続けていく自信が無いことを話したら

僕はMTの免許を取得するつもりだったので、「とりあえずAT限定にして教官も変えよう」となったが、知らない人に車内という狭い空間で教習中ずっと怒られたトラウマと

自分の技術力の無さで通い続けるのが本当に苦痛だった。

 

中学不登校のとき以来の鬱状態が再発してしまった、食欲も無くなり体調も悪い

普通に通えていた高校も辛く感じた。

 

結局教習所にはやっぱり通えないので、お金を出してくれた父親に「どうしても無理」と伝えると呆れられた表情をされたのを覚えている。

 

辛かった、自己評価が元々低い僕は「なんて自分はダメな人間なんだろう」と思って

その夜自室でこっそり泣いた。

 

最後に

僕のように、発達障害不登校を経験、空間認知能力が低い、感受性が強い、怒られるのが極端に苦手、な方は運転免許取得を甘く見てはいけないと思う。

 

実際僕は「車の運転なんてらくしょーだろ」とか「誰でもできるだろ~」なんて思っていたが現実は、世の中の言う誰でもできるは発達障害の人には適応されないってこと。

 

だから挑戦する人は、それなりに覚悟して欲しいと思う発達障害を持って生まれてきた時点で人生は、いばらの道なのだから。

 

そして僕はそんな人を心から尊敬して心から応援すると思う。

 

今回は以上になります、またね。

 

 今回参考になった書籍↓

発達障害者と自動車運転―免許の取得と教習のためのQ&A

発達障害者と自動車運転―免許の取得と教習のためのQ&A