ポンコツ ミニマリスト ベータのブログ

シンプルライフと不登校,発達障害についての雑記ブログ

学校が嫌いな子供に無理に通わせるのが正解なのか? 小2で不登校になった話

f:id:betakun:20180526222233j:plain

はてなブログを見ていたら、色々と思い出したので少し書いてみます。

 

まずは改めて僕の不登校歴を紹介してみると

 

まずは小学2年生の時に「学校に行きたくない」となった期間がありました。

原因は大きく分けて2つ、1年生の時からのストレスから耐えられなくなったこと

 

基本的に、苦手な環境でも当初は1年間は我慢できる人間でした

元々集団が苦手な子供で組織に属することが苦手な人間でした、でもそんな中

 

小学校1年間はなんとか行きました、幼稚園も嫌いでしたが何とか通ってました

集団に属するストレスって今でも大きいです皆と協力して何かをする、ということが

苦手なんですよね基本的にゲームでもスポーツでも何でもです。

 

それを小学校1年生ですから6歳とか7歳で耐えていたわけだから、当時の自分凄い

なって思います、人間関係もうまくいっていなかったのに。

 

人間関係と言えばダブルでうまくいっていなかったです、1つめは同級生との

何かとトラブルに巻き込まれやすい人間でよく虐められていたのを覚えています。

 

今思うと、これも発達に関係あるのかなと思ったりもします。

betakun.hatenablog.jp

 

2つめの人間関係でうまくいっていなかったなと、思う点は担任との相性でした。

旧タイプの先生で容赦なく子供相手に大声でヒステリックにキレるようなタイプの

糞みたいな女性の教師でした(S.Y先生)。

 

今の私はこう言いたい、

 

幼少期あなたのせいでどんな辛い思いをしたか

 

マジで大人げないし教師向いてないよマジで

 

って本当に言いたい、母親に当時のことを聞いてみると苦情殺到の教師だったらしい

まぁ無理もない。

 

僕自身は基本的に真面目な人間だと思っているので、基本的に叱られたりとかは

されないタイプの子供でした。

 

でも当時は6~7歳、周りのDQNキッズ達はヤンチャしてよく怒られていました

 

僕はそのDQNが怒られているのを見るのが怖かったしストレスだったんですよね

今でも怒鳴ってる人とか見るのが怖いです。

 

それを6~7歳で経験してるわけですから、当時は相当なストレスだったんだなと

思っています。

 

それくらい嫌な教師でした。

 

これが1つめ

 

2つめは

 

これも担任との人間関係、2年生になって2年連続で嫌な先生が担任になっちゃったんだよね。

でも同じ先生じゃないですよ、違う女の先生(S.T)

 

教師なりたての新任教師でした、彼女もヒステリックな先生でよくキレる先生でした

 

ってか思うんだけど教師って何様なんだろう人様の子供に向かってあんな理不尽

で大人げなく怒鳴ったりキレたり、子供なんだからわかんないのは当たり前でしょ

冷静に丁寧に説明しようとか思わないのかね。

 

この先生で覚えているエピソードが1つ、チャイムが鳴るはずの時間にチャイムが

鳴らなかったら「教室の時計が狂ってるんじゃないですか?」って指摘したら

 

「狂ってるのはお前だ」って言われたことがある。

 

あんまりだよね、とこんなストレスが子供ながらに溜まったら学校に行きたくなく

なるのも無理ないよね。

 

と2年生で不登校になった原因を書いてみましたが長くなってしまったので

次回に続きます。

 

最後に一言

 

不登校には必ず原因が存在するが

それを根本的に解決できるとは限らない。

 

後編

betakun.hatenablog.jp

 

この記事がお気に召したら読者登録ボタンをポチッ