軽度知的障害的生き方

軽度知的障害者的生き方

ミニマリストの本買ってるようじゃミニマリストにはなれない

f:id:betakun:20180603013907j:plain

 

 

先日某有名ミニマリストさんが本を買いましたね

 

でもミニマリスト本を買ってるようじゃミニマリストではないと思うんですよ

 

だって本って結構な場所的コスト掛かりますからね。

 

本物のミニマリストなら電子書籍でしか出さないと思うんですよね

自分の考えを色んな人に知って欲しい、ってのもあると思いますが印税暮らし

したいってのも本音だと思います。

 

人間らしくて素晴らしいと思います。

 

僕がもしも本を出したら、絶対キンドル版しか出さないぞ!!!

キンドル版以外で出版したら必ず印税暮らしがしたいっすって書きます!

 

とそんな話は置いといて

 

そんな場所のコストを出すようじゃミニマリストではないと思うんですよ

 

とかぱっと思いつつ

 

本当に必要なら、そのコストをかけても良いと思います

 

タイトルに矛盾してますね、すいません

 

実際まだ手元には来ていませんが、僕も某ミニマリストの本買いました。

 

彼の印税になると悔しいのでメルカリで購入しましたが

 

だから今回の場合印税になると悔しいのでメルカリで買ったが

 

ミニマリストの本に金と場所のコストを掛けてもいいと思ったから購入

したわけであります。

 

だから大いに内容には期待しているわけですね。

 

どんな内容が書いてありどこまで一般人がそれを実行できるのかも

気になりますね。

 

その内容が価格に見合っていあたら本としてコストをかけて保管します。

 

さらにもっと内容が良くて人生を変えるような本だったら、メルカリに出品し

キンドル版を購入します。

 

お前なんで最初からキンドル版買わねーんだよ自称ミニマリストだろ!

 

ってツッコミがきそうだから言いますけど

 

メルカリで買った方がキンドル版に比べて300円安かったもんだ

 

まぁこういういところがまだまだミニマリストではないなと自分でも思う次第で

ありますので精進精進。

 

勿論、内容が素晴らしくてずっと手元に置きたいって思ったら先ほども書きましたが

メルカリでまた900円で出品して差額の300円を払ってキンドル版を購入します。

 

因みにですが、ミニマリストのパイオニア

佐々木典士氏の「ぼくたちにモノは必要ない。」は冒頭の写真だけみて後は

内容が薄っぺらいのでぱらぱら読んでメルカリ行になりました。

 

でもたっく氏著の「必要十分生活」は人生を変える一冊になったので今でも場所的

コストを掛けて保管しています。

 

そのくらい僕にとっては良い本だったんです。

 

キンドル版を購入しないのは素直にお金かけたくないってのもありまうすが

(てかそれが大部分)

 

紙の本には紙の本の良さがありますからね(言い訳)

 

だから、ここまで読んでくれた方には申し訳ないけど

このブログ記事のタイトルには惑わされないでください。

 

ミニマリスト本で知識を得たなら、その知識を生かせば良いし

自分にとって保管コストを掛けてもいいと思うくらいの良本だったら

保管コスト全然掛けましょう。

 

逆に

 

なんだこの糞本!!!

 

 

って思ったら速攻で捨てましょう、そこからがあなたのミニマリズムの始まりだと

僕は思います。

 

ってことはつまり僕にとって「ぼくたちにモノは必要ない」は・・・・笑

実践的で具体的な内容の本が好きなんです。

 

終わり、またね。