元不登校 ミニマリスト ベータのブログ

シンプルライフと不登校,発達障害についての雑記ブログ

発達障害の検査結果が出ました。 僕はこういう人間です 発達障害検査入院記 最終日

 

betakun.hatenablog.jp

 

とうとう最終日、今までは病院からポケットwifiを使ってブログを更新

していましたが

 

今はもう退院して自宅でこの記事を書いています。

 

結果から申しますと

 

発達障害では無かった!

 

なのでこの度ブログ名も変更しました、読者の皆様これからもよろしくお願いします。

 

でも発達障害ではないものの、様々な心理検査の結果

 

僕は普通の人と比べて全体的な知的能力が平均を下回っていました。

 

僕の場合、素早く情報を処理することが苦手であったり試行錯誤するような課題は

難しいというか苦手なようです。

 

言われてみれば沢山思い当たる点がいくつもあります。

 

また記憶の容量は平均的であるが聴覚情報を把握しながら同時に頭の中で情報を操作

することや、注意の持続も困難らしいです。

 

確かにその通りだと思う。

 

なので僕は、その場で言われた内容と場面状況を関連付けて瞬時に理解することが難しく日常生活において、柔軟に対応することが困難と推察されました。

 

でも普通に喋ったりはできるので周囲の人間からは「困っていることはない」と思われてしまうらしい。

 

もう一つの検査の方では、ストレスを感じやすい傾向があると診断されたので

上記で書いた、素早く情報を処理することが苦手であったり試行錯誤するような課題に

対してストレスを受けやすいんだと自己分析。

 

だから教習所もダメだったんだよきっと

betakun.hatenablog.jp

 

 

結果を知った感想

正直今話題の「自称ADHDの低スペック人間」じゃないかと思った・・・

 

担当の先生にそのことを話したら、個性の範囲内だからカバーできると

 

それでもやっぱりショックなものはショック。

 

でも自分が素早く情報を処理することが苦手であったり試行錯誤するような課題は

苦手な人間というのをある程度若い年齢でわかったのは、良かった。

 

それを今後の人生に生かしていけたらなと思った。

 

これを今の段階で分かっているのと分かっていないのとでは、また生きにくさに

差が出てくると思うんですよね。

 

だから対象なりともその差を減らせたこの検査入院をさせてくれた両親や心理士、担当の先生、看護師さん皆なに感謝です。

 

今後の自分としては、まずこの診断結果をもとにアルバイトに再挑戦してみたい気も

するし、不登校支援のボランティア活動なんかにも挑戦してみたい。

 

それからできればだけど車やバイクの免許も。

 

だけど、とりあえずは今は鬱気味というか心も体も疲れているので楽しいことを

しながら少しづつ前向きに生きていきたいですね。

 

この楽しいことってのは実は、想い人とデートだったりして「うふふw」

 

今回は以上になります、またね。

 

俺頑張る!