発達障害ミニマリスト ベータのブログ

役に立った知識や精神疾患について記録を残すブログ

発達障害の検査入院をすることにしました。

 

以下の記事で今通院している精神科をセカンドオピニオンすることに

したと紹介しました。

 

betakun.hatenablog.jp

 

先日、病院の方から僕が発達障害の検査入院を受けれるとの連絡を頂いので

今回は発達障害の検査入院につてい少しご紹介したいと思います。

 

僕が入院することになったのは、昭和大学付属烏山病院です。

www.showa-u.ac.jp

 

ここの病院は発達障害外来とADHD外来があって僕はそこで入院することになります。

 

元々は外来で通院することを望んでいましたが、人気な病院でそもそも電話が繋がらない外来の予約が取れないような病院です。

 

色々と検索してみると本当かどうかわからないけど6000回リダイヤルしたなんて方も

いました(本当かわからないけど)

 

目的

f:id:betakun:20180409200827p:plain

今回の入院の目的ですが大きくわけて4点あります。

 

発達障害の有無について確定診断する

デイケア発達障害専門プログラムを体験できる機会を提供する

・日常の生きづらさから開放された休息の空間を提供する

・生活リズム改善のきっかけを作る

・心身の健康をチェックする

 

となっています、どれも今の僕に必要な物だと思います。

 

現在の僕は、一度理系の大学に進学したも不登校になって

別の通信制大学に入学したという状態です。

 

通信制なので家で授業を受けるので殆ど家から出ません。

毎日毎日体がだるくて、精神的にも憂鬱なことばかり考えてしまって

 

生活リズムも崩壊しています、現にこの記事を書いているのも

夜中の3時半です。

 

これで良い方向に向かえば良いなと思います。

 

入院の内容

f:id:betakun:20180422035346p:plain

入院の内容ですが

 

・医師による診察、健康チェック(血液検査、MRI、脳波、レントゲンなど)

臨床心理士による面接、各種心理検査

発達障害専門プログラム参加

 

となっています。

 

診断結果は入院最終日にわかるそうなので、全ての面から発達障害なのかを検査してくれるということですよねきっと。

 

すると凄く細かい診断をされるんだと思います、例え発達障害じゃなかったとしても

様々な心理傾向がわかりそう。

 

僕が抱えてる大きな問題の一つの生きづらさも改善されることだろうと大いに期待している、というか藁にも縋る思いです。

 

これは僕だけに言えることじゃなくて家族もきっと思ってる。

 

詳細はまた別の記事で紹介しようと思っていますが、この検査入院決して安くないです

程度の良い中古車が買えるくらいの金額だったりします。

 

その費用を出してくれた両親には本当に感謝しているし、その分良い方向に向けるように自分でも努力したいと考えています。

 

今回は以上になります、検査入院に関しては長くなりそうなので

また別の記事で続きを書きます、またね。

 

病院の先生が書かれた本です気になった方は是非ご覧ください