発達障害ミニマリスト ベータのブログ

役に立った知識や精神疾患について記録を残すブログ

発達障害のある若者が考える発達障害の人間への適切な指導。職場、学校etc.....

 

f:id:betakun:20180329153356p:plain

まず初めに僕は発達障害がある、広汎性発達障害高機能自閉症です。

以前通院していた心療内科で診断されました。

 

まぁセカンドオピニオンするんですけど

betakun.hatenablog.jp

 

そんな僕ですが、先日あった19歳の警察官が上司を射殺した事件で色々と

思うところがあって記事にしました

betakun.hatenablog.jp

 

今回はその続編で、発達障害にとって良い指導を考えてみます。

 

学校や教習所、職場や学生の場合はバイト先など様々な場面で「指導」「教育」を

されること沢山あると思うんですよね。

 

とにかくキツイ言い方しないで欲しい

そんな中、発達障害の僕は様々な場面で自分の不器用さを出しまくってしまったん

ですよね。

 

今までの人生の中で一番辛かったのは教習所の指導。

以下の記事で詳しく紹介しています

 

betakun.hatenablog.jp

 

ざっくり言うと僕が不器用すぎて

「バカ野郎!!!!」とか「俺の言う事だけ聞いてればいいんだよ!!!」とか

大声で言われて、終いにはハンドルを握ってる手を叩かれたんですよね。

 

元々感受性が強くて怒られるのが極端に苦手でしたから、本当に精神的に辛かった

んですよね、だから

 

不器用だったり

 

物覚えが悪いけど

 

どうか・・・どうか・・・

 

キツイ言い方しないで欲しい!!!!

 

教習所の件以来、男性恐怖症とまではいかないけど

 

自分の中で男性=言い方がキツイ

 

ってなって男性苦手になったんですよね、お笑いのツッコミとか怖く見えるようになってしまいました。

 

指導は5W1H

しかも怒鳴られたりすると、まず「怖い」という感情が先にきてしまうので

何を怒られてるのがわからなくなってしまう。

 

だから指導する側には、まずは怒らず優しい口調でとは言わないけど

丁寧な口調で、5W1Hで説明してほしいと思う。

 

教習所の場合は車の運転って、感覚的な物だから慣れが必要かもしれない。

だから具体的な説明は難しいと思うだからこそ、僕が不器用だからってキレないで

欲しかった。

 

教習所では具体的な説明は出来ないかもしれないけど、職場なら違うかもしれない

例えば僕の場合は焼き肉屋でバイトしていました。

 

ある程度マニュアル化されていたので覚えればできる仕事もあったけど

1つだけ曖昧な作業があった。

 

サラダを作る作業なのだが、量が人によって曖昧なんですよね。

 

だから野菜の量を具体的に何グラムとか決めて欲しかったなとは思う。

 

自分の中でバイトの先輩や店長など誰でも納得する万人受けするサラダの量を

盛れるようになるまでは苦労したなぁと。

 

betakun.hatenablog.jp

 

ただ僕が今後本格的に就職したとき、こういうことがあると困るなと。

 

だから先ほども書いた通り5W1Hで具体的に指示して欲しい。

それでも不器用だから普通の人のように遂行できないかもしれない

 

でもそこは僕が努力して改善していくところなのでそこは自己努力が必要だと思う。

 

つまりは

 

キレないで丁寧で具体的な説明をしてください!!!!!

 

僕の場合キレられてキツい言い方されると、何を指導されているのかわからなく

なりますしモチベーションも下がりさらにミスをうむことになります・・・・

 

全てに言えることでは無いと思いますけど僕のように感受性が高い人にとっては

 

キツイ言い方=厳しい指導=パワハラ

 

なんですよね、例え本人にパワハラの意図がなくても受けっとった側からすれば

そうなってしまう。

 

ここっていじめとも通ずるポイントですよね。

 

今回は以上になります、またね。