発達障害ミニマリスト ベータのブログ

役に立った知識や精神疾患について記録を残すブログ

ぶっちゃけ中学校なんか不登校でも大丈夫。

 僕は中学時代に不登校を経験していますが、今その経験をして良かったくらい思っています、現在不登校の中学生又はその保護者に何か考えて貰えたらと思い記事にします。

 

f:id:betakun:20180327122646p:plain

 

僕が不登校になった経緯。

中学時代の僕はとても真面目な人間だった、小学生の頃から始めたテニスを親の奨めが

あったので興味ないし嫌々やっていた。

 

途中から自分に「僕はテニスが好きなんだ興味がある」暗示を掛けて本当に好きになった、寂しがりやなのに友達の全くいない中学のテニス部に所属する為にわざわざ選んで進学したくらいです。現在は本当に興味が無い。

 

勉強も真面目にしていたつもりだ、小学生の時自分の勉強に対する理解力の無さを実感して以来地元の塾に通った、小学校と中学校では環境の変化が大きすぎる。

 

友達が居ないので頼れる人がいない環境、小学校と比べレベルのあがった勉強、体力的にハードな部活、疲れてフラフラの中行く学習塾・・・頭も悪いので自主学習も小学生の頃に比べると沢山していた。

 

そのかいあってか成績は中の上を取れていた、けどそんな環境に耐え続けられるはずもなく体調を崩して入院したマイコプラズマ肺炎だった。休んだらマイコプラズマは良くなったけれど咳が止まらず苦しい思いをした。

 

それでも当時は部活が楽しかったので登校したけど、入院して体力が落ちたせいで練習についていけず皆の足手まといになり、嫌味を言われるようになった精神的に追い詰められて体調もどんどん悪くなり咳が悪化した後日セカンドオピニオンをするとストレスが原因だとわかった。

 

不登校でも何とかなる。

今僕は大人になったけど、何とかなっていると思う「そんなわけねーだろ」と思うかもしれないけど少なくと自殺とかしていない。

 

大学も合わず中退したし精神病院に入院するかもなんて話も家族としているけど

友達がいて好きな人ができてと、中学時代と比べると良い充実をしていると思う

 

中学時代は充実ではなく、ただ単に忙しかったその忙しい日々から僕が学んだことは

僕には向いてない、生きたいような生き方をすれば良いんだってこと。

 

実際、中学不登校でも高校に進学できたし大学に行けた、中退したけど。

学力が心配ならスタディサプリとか学校以外でも勉強する方法は沢山ある。

 

だから学校が合わないなら安心して不登校になって別の生き方を探せば良い。

嫌いな学校のことなんか考えず好きなものを見つけて貫き通せば良いその経験は必ず今後の人生で生きてくる。

 

少なくとも僕の人生で不登校は大きな転機になった。勿論良い意味で。

 

今回は以上になります、またね。

 

今回参考になった書籍

 

 

 

不登校経験者が不登校の相談乗ります 不登校の経験を生かしたいと思います!