ポンコツ ミニマリスト ベータのブログ

シンプルライフと不登校,発達障害についての雑記ブログ

発達障害だと思ったら知的障害でした。

 

本日は発達障害で有名な都内のSW病院に行ってきました

 

まずここで僕の経歴をざっと説明してみる

 

まず小2の一時期学校に行きたくないという時期があったがその後は小学校も卒業

中学2年生で不登校になる

中3で適応指導教室に通室できるようになる

県内で1番頭の悪い通信制高校を無事卒業

推薦入試で大学に入学するも中退

通信制大学に入学 今ここ

 

んで病院歴は

 

まず中学生の時に精神を病んで心療内科に通院

高校3年生の冬に近所の大きな精神科

都内のSD病院で発達障害の検査入院をして発達障害ではないと診断される

betakun.hatenablog.jp

そして7/18日にそこで診察してくれたK先生に引き続き診察してもらうべく

SW病院に行ってきました

 

K先生はNHKクローズアップ現代にも出演されるような発達障害に関しての

スペシャリストです

 

そして今日診察を受けてきたわけだが

 

ずばっと言う先生で、かなりストレートに診断されたわけだが

 

僕は軽度の知的障害者だった。

 

中学で勉強についていけなくなって、勉強が全ての理由なわけではないけど

不登校になったり

 

大学を中退してしまったり、バイトで仕事を覚えられず周りに迷惑ばかりかけたり

したのは知的障害のせいだと言われた。

 

僕なりに勉強もバイトも一生懸命仕事を覚えて頑張ったつもりだった

でもきっと障害のせいで能力の限界というものは存在する

 

正直かなりショッキング

 

考えてみてほしい

 

自分が知的障害者だって言われるのはかなりこたえる物がある。

 

本当に辛い

 

今後どうやって生きていったらいいのか

 

一番心配なのは仕事のこと

 

生きてくためにはお金がかかる

 

で今考えてるのは就労移行支援を受けて就労するのが良いのかな

 

なんて考えてるわけだが

 

ググってみると知的障害者の月給は13万なんだと

 

僕は自称ミニマリストなのでそんなに物欲があるわけじゃないから

 

お金が少ないのは別にいいんだけど

 

まぁなんていうか人並みの幸せは無理なのかなって悟ってしまう

 

結婚して子供作って持ち家もあって庭にはゴールデンレトリーバーみたいなのは

少なくとも無理だよね

 

今まで沢山悲しい思いや嫌な思いをしてきたのに今後も幸せになるのが難しいとか

あんまりだって思った。

 

悲しい。

 

辛い、今はそんな気持ちで胸が一杯。

 

改めて言うけど自分が知的障害者ですって言われるのはどんな気持ちだと思いますか?

 

両親は、普通に会話も出来てるし知的障害があるようには見えないなんて言うけれど

そういう問題じゃなくて

 

今後も一生ついてまわって生きていくわけだ

 

一生障害で苦労して生きていって幸せにもなれず死んでいくわけだ

 

もう孤独死して特殊清掃のおっさんに掃除される運命しか見えない。

 

受け入れて前向きに生きて行動していかないといけない

 

というのはわかるけれど、どうしてもそういう気持ちにはなれない

 

先ほど夕食は残してしまったがなんとか食べられた

 

でも気分がどうしても晴れなくてめそめそしてたら

 

急に吐き気がきて吐いてしまった

 

どうしたらいいのだろうか。

 

 

ニートが社会人の友達と遊んできた話

 

最近本当に暑いですね外に出かければサウナ状態

 

僕は通信制大学生なので家から殆ど出ないんですけど

 

因みにバイトもしていない。もうニートと変わらない状況なわけだ

 

理由は色々あるけれどとにかく怖いんだよね、それはまた今度

 

大学の授業も家で受けれるしバイトもしていないので、家から殆ど出ない

 

今日は家族としか話さなかった、家から一歩も出なかった

 

なんてのは日常茶飯事。

 

そんな日常を過ごしているのだが孤独感が最近になって強くなってきた

 

そこで久しぶりに高校時代の友達に連絡をとってみた

 

仕事が終わってから僕の家まで向かうとのことだったので

 

1時間程youtubeを見て待っていると

 

僕のスマホに到着したとのラインが入る

 

外に出てみるとまず驚いたのが、車が変わっていたこと・・・

 

車種はスズキのエスクード新車で230万円もするローンで購入したらしい

 

まずここで凄いなと思ってしまったわけです。

 

僕は車の免許すら持っていないのに、

betakun.hatenablog.jp

 

彼は高校に通いながら苦労して取得したので

もう2年も経って運転もうまくなっているし

 

卒業してすぐに就職したので社会人も2年目

 

同い年なのに僕には凄く大人に見えた。

 

そんなことを思って、とりあえずご飯を食べる

 

話を聞くと仕事も慣れて楽しくやってるみたいだ

 

ご飯を食べた後には彼行きつけのクラブに連れて行ってもらった

 

f:id:betakun:20180715220036j:plain

 

陰キャなのでこんな場所絶対一人じゃ行かないんだけど

 

友達に誘われたら行きます。

 

基本的に友達の誘いは出来るだけ断らないように心がけてる

 

彼はそのクラブでも常連で色んな人と知り合いだった

 

顔広すぎだろ・・・・

 

んでわけわからん女と飲んでダーツやって負けてテキーラを飲まされたりしたわけ

 

もう何というか同じ学校を卒業した同士なのに何でここまでギャップがあるのかな

 

と思った。

 

仕事も充実し友達も沢山いる完全な陽キャと大学を中退し通信制編入し友達も殆ど居ない陰キャな僕。

 

まぁなんていうか、、、もうしばらく彼とは会いたくない。

 

多分彼もそう思ってるような気がする。

 

きっと僕のことをろくでもない奴だと思ってるんだろう

就労支援の体験に行ってきたのでレポートするよ

 

前回見学に行ってきたウェルビーの体験に行ってきました

 

betakun.hatenablog.jp

 

先日の見学に行って

 

1週間が経過したころに僕のスマートフォンに電話が掛かってきました

 

先日見学した際は人が多く黙々と皆作業していて

 

雰囲気的に僕は怖いと感じましたが土日はそんな雰囲気ではなく

 

通いやすい雰囲気だと思うので是非体験に来てくださいとのこと

 

僕は行きますと答えました。

 

9時半頃に来てくださいとのことだったので、9時26分に行ったら職員さんしかおらず

 

早いですねと言われた。

 

9時半からだって言うから、その時間に行ったんだけどな・・・

 

その後他に通っている方達がゾロゾロやってくる

 

皆10時の朝礼まではのんびりしている感じだ。

 

年齢は結構高めの人が多くて、おじさんばかり・・・

 

朝礼で軽く自己紹介して作業が始まる

 

部屋に入った際に受け取ったノートPCを開いて、職員さんに

 

説明を受け作業を始める、あらかじめPCにインストールされている

 

ソフトを使うソフトの内容は架空のアンケート用紙をPCに入力するという物

 

書いてある内容を入力するだけなので超簡単。

 

とりあえず15分間やってみた多少の入力ミスはあるものの、とりあえず出来た

 

その後は文章や数字を書いてある通りに打ち込むような作業をする

 

作業中は集中して行っていたが周りの方たちが気になる、正直なところ

 

このおじさん達皆無職なんだろうなぁと思ったどうやって生活してるんだろう。。。

 

そんなことを思って作業をしていたら午前中は終了して

 

用意されている昼食を食べる、昼食が出るなんて凄いなぁ。

 

そして普通に美味しい。

 

午後は電話応対の訓練、あらかじめ用意されているテンプレ通りに他のウェルビーと

 

電話対応をする。

 

参加不参加は自由で僕を含めて6人程が参加した、勝手がわからないのでとりあえず見学することにした。

 

時計周りに電話をしていくが他の参加者の電話応対は、声が小さかったり

 

噛みまくっていたりと何らかの問題があるので最終的にそれを改善していく感じ。

 

正直僕はここまでではないなち思った。

 

実際僕は発達障害じゃないと診断されたしある程度はまともな人間だということだな

 

こうして体験は終了して帰宅した。

 

なれない環境で何かをするのって大変だなと改めて思った。

 

おわり。

 

 

会うたびに老化していく祖父母を見て思う事。

 

僕には祖父母がいる

 

友達ではもう既に亡くなってしまったという人もいるのだが

 

今のところ父方も母方も生きている

 

もうこの年齢なのでおじいちゃーんおばあちゃーん何て言ったりしない

 

もうそういのは小学生で卒業した

 

でもたまには家族で顔を見せに行く

 

今月は一日に行ってきた。

 

父方の方の祖父母に会いに行った

 

祖父母は特別養護老人ホームに住んでいる

 

僕が高校生の時に沢山のサービス付きシニア向けマンションだとか

 

老人ホームだとかを経て今に至る。

 

僕は2か月に一回くらいいくわけ

 

食べ物を飲み込む力が弱っているので普段おじいちゃんは流動食を食べている

 

でも食べられないわけではないので顔を見せに行った時は父がよくコンビニで買った

お菓子を差し入れする。

 

ジャンクフードが好きなんだよね

 

気持ちはわかる、僕も先日まで発達障害の検査入院をしていてジャンクフードが食べたくなったから。

 

この日はセブンイレブンもんじゃ焼きのお菓子を持っていた

 

おじいちゃんはバクバク食べる老人のくせして全て食べた

 

それはいいことなんだけど

 

この日初めて会ったとき僕は「凄く痩せてしまったな」と思った。

 

残っているのは皮と骨になってしまって、まるでゾンビみたいだった

 

おじいちゃんに関しては自分で排尿することもできない

 

尿道カテーテルを刺している。

 

僕は医療に詳しいわけではないけど尿道カテーテルなんでどう考えても痛そう。

 

骨と皮だけになり自分で排尿もできなくなって、数年前までは歩けていたのに

いつのまにか車いすになって体力も無いから毎日寝たきりの生活をしている

 

おじいちゃんを見て僕は複雑な気持ちになった。

 

ここまでして生き長らえるのもどうなんだろうか・・・

 

かと言ってポックリいきたいから神様に申請してポックリできるなんてものでもないし

 

こうして死を迎えるまで苦しみながら生きていくのか・・・・と思った。

 

おばあちゃんも日々おかしくなっていく

 

外出なんてしないのに会うたびスカーフなり洋服なり要求してくるし

 

高額な化粧品を欲しがったりと日々わがままになっていっている気がする

 

実は以前介護士の対応が悪い施設にいたときに、老人性うつになったりと精神的な面での問題を抱えている。

 

おばあちゃんも何かしら日々思うことがあっての言動なのだろうが会うたび欲求が

酷くなっていく気がする。

 

一日に会ったときはとうとう「歩けるようになる魔法のサプリメントを持ってきて」と

言われてしまった。

 

勿論そんな魔法のサプリメントなんかあるわけがない、僕の母親が

そんなサプリメントは無い事とサプリメントよりもリハビリやトレーニングが重要

 

なことを説明するも聞く耳を持とうとしない。

 

元々経済的に裕福でわがままなところはあったのが、僕が中学生くらいのときから

段々と酷くなっている。

 

悪い方向にぼけている

 

正直なところ二人とも健康寿命なんてとっくに終わっているように感じる

 

日々の生活にメリハリが無く苦しみながら生きている

 

僕にはどうすることも出来ない

 

ただ二人の老人の末路を見守ることしかできないのだ。

障害者就職支援のウェルビーに見学に行ってきたのでレポートするよ

f:id:betakun:20180525164811j:plain

 

僕は現在通信制大学に通っている

バイトは精神的な問題でしていない

 

高校時代は飲食店で厨房のバイトをしていたが、このブログのタイトルにある通り

僕はポンコツでバイトでは迷惑をかけてばかりで1年程続けたが

 

やっぱりバイト先でいずらくなってしまったので辞めてしまった。

 

それ以来バイトもそうだが働くことに対して怖いと思うようになってしまった。

 

そして今に至る、でも将来的には職に就かなくては生きていけないわけで

 

そのために今できることはなんなのかと考え両親とも相談し

障がい者、精神障がい者の就職支援を行っているウェルビーという会社を見つけ

 

6/29日に見学に行ってきました

 

場所は最寄り駅から3つしか離れていなくて近所にある

 

僕は原付がメインの交通手段なので助かる。

 

当日は母親と車で向かった。

 

グーグルマップのストーリトビューであらかじめ確認しておいた雑居ビルの一室に

入ると、そこはまるで企業のオフィスみたいだった。

 

大きな机が4つ程あり、それぞれ〇〇課と机に書いてあって皆黙々と作業していた。

本当の会社みたいでピリピリした雰囲気が漂っている。

 

奥にある部屋に通されて担当の方2人が説明してくれた

詳しい説明は省略するが魅力的だと思った「丁寧なサポートをしてくれるんだな」

という印象。

 

因みに昼食も出るらしい。(凄い)

 

ただ通うのが週3からでそこはハードルが高いなと感じた

それに時間も朝の10時から夕方の4時半までと長くいのもハードル高い

 

あのピリピリした雰囲気に週3で1日中いるのか・・・

でも就職したらそんなの当たり前だから本当に本気で就職する気がある人向け

なんだなと感じた

 

実際ウェルビーのHPにある就労移行支援の漫画の表紙にも「本気で就職を目指す障害者の方へ」と書いてある。

 

本気度が重要なわけです

 

自分の中で考えは保留してしまっている。

 

職員さんの説明によると今日はピリピリした雰囲気だが普段は違って通いやすい

雰囲気らしい特に土日がそういう雰囲気なので、土日に見学をしてみてはどうだと

 

提案されたので通いやすい雰囲気の日も見学してみたいと思っている。

 

自分は中学時代に不登校になったとき中学2年間の間は家で引きこもっていたのだが

中学3年生からは適応指導教室に通室していた

 

そこも3か所ほど教室があるのだが1つ目に見学した教室は雰囲気は合わなくて

2つ目に見学した教室は自分に雰囲気があってるなと思った。

 

今回もそうなればいいなと思っている。

 

www.welbe.co.jp

 

 

 

発達障害や自信の無い人が免許をとるには原付からがオススメな理由 後編

 

f:id:betakun:20180626055605j:plain

前回の記事で

 

マルチタスクが苦手

怒られたり怒鳴られたりするのが苦手

車の免許に自信が無い

僕のように車の免許を諦めた人

鬱病、または鬱気味な人

 

な人達には原付の免許が1番簡単で僕でも取れたからオススメですと述べました。

 

そして最後に

 

原付の免許を取得

スクーター

MTの原付

中型自動二輪又は小型自動二輪

車の免許

 

という流れでの取得がオススメだと述べました

 

超自信がない人にはこの流れ本当にオススメします。

 

まずは原付免許の取得ですが僕のような人間でも取れたので本当に誰でも取れるかと

思います、しっかり原付免許のテキストと問題集で勉強しなくちゃダメですけどね。

 

怒られるのが怖くても車の免許のように通い続けなくてはいけない物ではなくて

1日講習を受ければいいので、その日だけ乗り切ってしまえば大丈夫です

 

それに原付なら本当に簡単なので怒られることも無いかと思います

 

因みに僕は

指導員がエンジン切ってと言ったのかと聞き間違いをしてエンジンを切ってしまったので怒られました。

 

鬼のような形相で「ダメじゃん!!!」って怒鳴られましたね

 

しょうがないじゃん気き間違えしちゃったんだからと思いましたね

 

あんな言い方しなくても良いのにね、教師とか何かを教える人ってキツイ言い方を

する人が多くて全体的に苦手です。

 

それでも1日耐えれば取得できるとわかっていたので何とか耐えれましたが

あの言われ方は今でもトラウマものです

 

免許が取れたらスクーターで公道デビューしましょう、講習を受けたから乗れるはずです最初は怖いかもしれないけど怖かったらエンジンを切って歩道に行ってしまいましょうエンジンを切れば歩行者扱いですからね。

 

スクーターである程度慣れたらMTの原付に乗ってみることをオススメします

因みに僕は今この段階でこの記事を書いている6/26日が納車日です

 

なんでMTの原付なのかと言うと中型自動二輪を取ろうとしているからです

いきなり教習所に行って中型自動二輪を取得してもまた叱責されて1日で辞める

という車でもバイクでも同じことをしてしまいそうなんで

 

中型自動二輪の練習の為です、そもそも普通は教習所で練習するものですが

僕のような叱責が苦手な豆腐メンタル人間には練習の練習が必要なんですよね

 

そして練習の練習をしてMTの原付に乗れるようになったら中型自動二輪に挑戦つまり

教習所に入校するわけですね、なんでバイクの免許かと言うと

 

ここまででかなりバイクには慣れている(練習の練習済みつまり自信がある)

車のように車体感覚がないので運転が車にくらべ簡単なはず

 

という2つの理由があります。

 

そして万全の状態で入校し免許を取得して教習所慣れと自分に自信を持っていざ

最高難易度の車に挑むわけですね。

 

このように僕のようなポンコツ人間は少しずつ難易度を上げていかなければダメなんですよね。

 

ゲームでもいきなりラスボスに挑んでもすぐ倒されるから

最初はスライムを倒して経験値を稼いで徐々にレベルアップして挑みますよね?

 

それと同じなんです。

 

 

 

発達障害や自信の無い人が免許をとるには原付からがオススメな理由

f:id:betakun:20180626055605j:plain

 

 

初めての免許なら原付からがオススメです。

 

僕は今のところ原付の免許しか持っていません

 

理由は以前記事にしましたが

betakun.hatenablog.jp

 

簡単にまとめると

 

マルチタスクが苦手で感受性が高い僕は車の運転免許が取得できなかったと

書いてあります。

 

技能教習では下手くそすぎて教官に叩かれました

 

今時一応お客様である生徒に暴力を振るうって酷いよねって思うけど

以前発達障害の検査をしたときに、検査結果で一つ一つのストレスを重く受け止めて

しまう傾向があると言われて

 

当時の僕としては凄く落ち込んだしセンスがないんだと思った。

 

しかも僕は平均的な知能が人に比べて低い

betakun.hatenablog.jp

 

ポップな言い方をすればポンコツなんです。

 

そんなポンコツな人間は僕以外にもいるはずと思って

 

ポンコツによるポンコツの為のブログを今後はしていきたいと思って

今回はそんなポンコツ記事の第1回

 

あ、個人的にはこのポンコツという表現わかりやすいしポップで気に入っているのですが不快に思った方がいたらすみません。

 

今回記事を読むにあたって参考になるなと思う人はこんな人達

 

マルチタスクが苦手

怒られたり怒鳴られたりするのが苦手

車の免許に自信が無い

僕のように車の免許を諦めた人

鬱病、または鬱気味な人

 

などです因みに僕は全て当てはまっている、これじゃあ免許も挫折するわけだ。

 

そして、そんなポンコツさん達に何故僕が原付からオススメするかと言うと

 

僕のようなポンコツでも簡単に取れたから

 

小中不登校だったり大学中退したり教習所を技能教習1回目で挫折するくらいの

豆腐メンタルな僕でも取れたんです、絶対誰でも取れる!

 

ここまで言ったなら自信が無い人でも少しは自信がついたはず

そのくらい原付の免許は簡単。

 

そもそも僕のようなポンコツには普通の人がとるように免許を取れない

普通の人はある程度の年齢になったら、教習所に通い

 

技能面は最初は難しいかもしれないが、すぐに慣れてしまうものだと思う

 

教官に怒られることがあっても、それを乗り越え取得する

 

と思うが僕たちにはそれが出来ないことを、まずは理解しなくてはいけない

 

世の人たちは「車の運転なんて誰でもできるよ」と言うかもしれないが

発達障害発達障害グレーゾーンの人たちには「誰でも」は適応されないのだ

 

だから免許をとるなら1番簡単な原付の免許から取得すべきなのです。

 

技能面でも教官からの叱責に耐える精神面でも車は非常に僕にとっては難易度が高い

 

だから僕は免許については

 

原付の免許を取得

スクーター

MTの原付

中型自動二輪又は小型自動二輪

車の免許

 

というフローチャートをすることにした、ここまで読んでくれたポンコツさん達にも

このフローチャートはオススメしたい。

 

長くなりましたので今回はここまで、次回はこのフローチャートの解説をします。

 

これから不安だけど車の免許に挑戦する方は参考になさってください。